結婚前の不安

恋愛、お見合い、友達の紹介、結婚相談所など

いろんな出逢いがあって、さて運良く

「この人ならうまくいくかも?」と、
半分その気になっても、ふと

「この人は自分の相手にふさわしい人だろうか、
一生添い遂げられる相手だろうか?」

と不安な気持ちが交錯するのは誰でもおなじですよね。


「結婚」を目の前にしたとき、よその人はどんな悩みを

もっているか

ちょっと気になりません?

ご参考までにどうぞ。


 ★ 「結婚を前にした時の悩み相談ランキング



男の人が結婚を本気で考える瞬間ってどんなとき? 23歳♀

思わせぶりな男のホンネの探り方           21歳♀

これって脈アリかな???                30歳♂

俺に夢中だったはずの彼女が離れていく・・・     32歳♂

振られた彼女からメールが・・・          21歳♂

彼女の行為は、僕への好意?             27歳♂

友だちの結婚が祝福できない? 29歳オンナ事情   29歳♀

片思いの相手は直属の上司。告白したら面倒になる?24♀

3度プロポーズを断られても、あきめられない。    30歳♂

体だけの関係の男性を好きになってしまった。    29歳♀

相手をよく知ってから好きになる私。恋に慎重すぎる?23♀

身長差のある私と彼。私が10センチも高く悩んでいます。20♀

隠れてキスをする関係…このままでは嫌。       25歳♀

男性と付き合った経験のない私。話が弾むためには? 24♀

国家資格勉強中で忙しい私に、彼がムッとしています 28♀

本当に好きなのは元彼。今彼との関係を続けてもいい? 41♀

男友だちを大切にする彼女。異性の友人って、ありえる?25♂

同棲を始めて急速に冷めた彼女と僕。どうすべき? 24歳♂

気になる人の誘い方・・・              28歳♀

進展させるには、駆け引きが必要?           34歳♀



・・・まだまだ悩みはつきないでしょうが、

何事もスタートしてしまうまでは始まらない。



私のばあいはですね…(かなり昔のはなしですワ)

即決でした。

悩みもクソもありません(笑)



大阪の商社に勤めていた私(22歳)の課に、

大卒新入社員が5名配属されてきて、

なぜかひと目で気に入った男がいたので、

「あっ、結婚するのはこのヒトだ!」と直感で選び、

自分からアタックした。
(これでもボーイフレンドは何人かいたよ〜ん(笑)


あとで、分かったのだけど、東京の大学卒だったその男は、


なんと私と同じ高校の出身で、同じクラブの先輩だった

(私が入部した時、彼は高3で受験勉強のため、

名前だけの部長をしており顔を出していず、

当然私は知らなかった)


・・・というような、不思議な出会いはどこにでも転がっていると

思うんだけど。


最近の若い人は、昔と違って合コンやら飲み会やらサークルやら、
なんやかやあって、

また、結婚相談所のシステムも利用したりと、

出会う相手は、ムカシより今の方が見つけやすいと思うんだけど、

 
『結婚』はまた別なのかな?高望みするんかな?



まあ、よーく吟味して選ぶのと直感で簡単に選んでしまうのと、

どちらがエエのか


それは神のみぞ知る…のじゃよ(汗。。)




結婚したい人したくない人

人生最大のターニングポイントともいえる「結婚」だが、
最近は女性の社会進出が活発化し、
「結婚したくない女」の存在がクローズアップされがち。

ところが、その裏で「実は結婚したい女性が急増している」と
いう新たな情報がある。

しかも逆に結婚したくない男は増殖中とか…。

果たして今、男女の結婚観に何がおきているのかね?

まあ、私なんかがムスメの頃は、まだ「独りで食べていける
ほどの経済的社会的甲斐性」のあった未婚の女性は少なかった
から、年頃になったら「さっさとお嫁にゆきなさい!」と
親に蹴飛ばされたもんだが…(それがよかったのかどうかは??)

どこの家庭も子供の数が5人6人なんてフツウだったから、
あとがつかえていたんだ。

最近、「結婚したい女」が又復活してきて、
「したくない男が増えている」んだって?

ウン、男の「結婚願望が低下」しているのは、よく分かるね。


独りでいることのメリット大…
お金と時間を自由に使え、仕事や趣味に夢中になってしまって、
結婚に興味を示さなくなってしまったんだね。

面倒に感じがちな、洗濯、料理といった家事全般も、
家電の性能向上や、外食産業の発達で男ひとり十分まかなえる。

便利に暮らしていける時代になったんだから、

女プラス複数?の子供の扶養が身体全体に
重くのしかかってくる「結婚」に踏み切るには、
よほどの覚悟いるね!


でもさ…


「結婚しない男・女は早死にする!!」
という統計もあるってことご存知?

「食事の管理のよしあし、ストレスの大小、責任感の強弱、
生きがい度の有無、孤独感」などが身体に与える影響からかな。


「一人でいることに寂しいと感じたこともない。気楽でいい」
と思えるのは、若い間だけだよ。

「本当に心から好きだと思う人に出会えない」という声を
若い人からよく聞くけど、

「結婚のメリット、デメリットをあれこれセンサク」していないで、

「相手に高望み」しないで、

「自分の魅力度をチェックして反省するする点は改良する」

などしてさ、

人生、一度は結婚してみると2倍生きられてオモシロイよ。

世の中、男と女しかいないんだから…ねっ。

結婚の決意はいつ?

結婚したいと思うとき

結婚適齢期(って言葉今でもあるのかな?)にいる男女が
どんな時に「結婚したいな」と感じるのか、前々から気になっていたんですが、

面白い意識調査を見つけました。(goo ランキングほかから)


「他人の意識を知ってどうなるもんでもなし、自分は自分よ」
という人には興味ないでしょうが、まあ参考にごらんあれ。


★「あっ、この人と結婚するかも」と思った瞬間ランキング上位

 
1)一緒にいて「ラクだ」と感じた。  

2)はじめて長時間話をした時に疲れを感じなかった。

3) 酔ったときや病気のときにかいがいしく介抱してくれた。

4) 相手が体調を崩した時、自分に頼ってきた。

5)自分の生き方について真剣に怒られた。

   ほか略
   
〜〜〜   〜〜〜   〜〜〜〜 〜〜〜〜  

ですって。やっぱりなあ。 結婚歴のながーい私も同感。



「価値観が似ている」

「一緒にいてラクだと感じる、疲れない」

「気取らなくっていい、ありのままの自分を認めてくれる」

・・・そんな人に出会ったとき、結婚の決意を固めるのでしょうね。


ありのままの自分、といってもいつまでも同じところに留まっているの

でなくて、

結婚生活を続けていくうちに、ふたりで成長していく、というところでしょうね。

ホント、いろんな困難が待っているものねえ。


でもまた、すばらしい出来事も山ほど待っているのですよ!!

結婚生活って。






Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。